いちかわクリニック

いちかわクリニック

禁煙外来

NON SMOKING

NON SMOKING
禁煙外来

 

タバコがやめられないのは意志が弱いから?

タバコがやめられない

タバコは体に悪いです。そんなことは皆さんもご存知のはず。自分の体に悪いのになぜタバコを吸い続けるのか?と不思議に思う方も多いでしょう。でも、タバコをやめられないのは、意志が弱いからではないのです。ニコチン依存症という病気があります。これは、やめたくてもやめられない喫煙習慣のことをいい、治療が必要な病気とされています。禁煙をすることは、病気を治そうと努力することと一緒です。禁煙外来は、皆さんのその努力を後押しする医療なのです。

タバコってそんなに悪いものなの?

タバコの煙には4,000種類の化学物質が含まれています。その中には200種類以上の有害物質が含まれており、中でも発がん性物質は50種類以上もあるとされています。

有害物質と言われるものには何があるでしょう?

タバコを吸う人と吸わない人の肺

皆さんご存じのものには、ニコチンやタール、一酸化炭素(排ガスで有名です)があります。そのほかにも、ペンキ除去剤に使われるアセトンや、ライター用燃料に使われるブタン、アリの駆除剤に含まれているヒ素、カーバッテリーに使われているカドミウム、工業用剤に使われるトルエンなどが含まれます。タバコを吸うということは、ペンキを持ちながらライターのガスと車の排ガスを吸いつつ、アリの殺虫剤を頭から撒かれるという状態ですね。恐ろしさが少しでも伝わりますか?

そして、このような有害物質を出すタバコを吸い続けることにより多くの病気にかかるリスクが増すことが現在までに報告されています。発がん性物質を含むということから、当然がんのリスクは高まります。

最も有名なのは肺がんです。そのほかにも、咽頭·喉頭がん、食道がん、子宮頸がん、膀胱がん、胃がん、膵臓がんなど挙げればきりがありません。

そして、タバコでリスクが増す病気は、がんだけではありません。タバコは全身の動脈硬化を進行させることにより、心筋梗塞や狭心症などの心臓病、脳卒中、足の血管の動脈硬化である閉塞性動脈硬化症などのリスクが増します。

そのほかにも、呼吸器系の病気としては肺気腫などに代表される慢性閉塞性肺疾患もありますし、糖尿病、メタボリックシンドローム、白内障までものリスクも増してしまうのです。

そして、喫煙による影響は何も喫煙者自身のみにとどまりません。いわゆる受動喫煙です。
この受動喫煙により周囲の人の健康を損なうリスクが増すことはすでに多くの研究で明らかとなっています。
なんと受動喫煙が原因で病気となり死亡している人は、全世界で60万人に及ぶと言われています。

さあ、皆さん、一緒に禁煙して健康な毎日を取り戻しませんか?

さあ、禁煙しよう

タバコ

さあ、禁煙しよう!

「そう思って始めてもなかなか長続きしないよ」という話をよく聞きます。禁煙は自分一人ではなかなか成功しません。これまでの報告でも、一人で禁煙に成功して継続できた方は、全体の1割程度だそうです。

なぜでしょう?

意志が弱いからと言われることが多いのですが、実はそこにはニコチンの持つ依存性という問題がありました。

いわゆる、ニコチン依存症です。タバコをやめられない理由は依存症、つまり病気だったのです。

タバコを吸うと、そこに含まれるニコチンが脳内に達します。そこにはニコチン受容体というニコチンが結合する部分があり、そこにニコチンが結合するとドパミンという快感を感じる物質が放出されます。よくタバコを吸って落ち着くとかイライラがなくなるのはこれによります。そして、もちろん時間が経つとドパミンがなくなりイライラし落ち着きがなくなります。いわゆる禁断症状です。これによりまたタバコを吸ってしまうのです。

タバコがやめられないのは、ニコチン依存症という病気であることが理解できると思います。

ニコチン依存症の治療は禁煙外来で

禁煙

そこで現在、禁煙外来ではこのニコチン依存症を治し、禁煙を成功させるために薬による治療を行なっています。ニコチンを含まない禁煙補助薬を内服することによりニコチンが結合するはずのニコチン受容体に結合してしまいます。これにより少量のドパミンが放出され、イライラが軽減し、離脱症状を緩和させてくれる上に、すでにニコチン受容体は薬でブロックされているため、そこでタバコを吸ってもタバコのニコチンは受容体に結合できず、結果としてタバコを吸っても美味しくないのです。そのような状態を3ヶ月間かけ作り、禁煙を成功させます。

禁煙外来は、全部で3ヶ月のコースからなります。

初診時に問診(ニコチン依存症のチェック)をさせていただき、禁煙外来についてのご説明をさせていただきます。その後、2、4、8、12週間後と受診し、受診のたびに呼気の一酸化炭素濃度を測り(数分で終了)、禁煙状況や薬による副作用、全身状態のチェックをし、禁煙を継続するためのアドバイスをさせていただきます。これにより多くの方が禁煙に成功しています。

タバコをやめられないだけで病院に行くのは恥ずかしいと思っていませんか?先ほども申し上げた通り、タバコをやめられないのはニコチン依存症という病気だからです。やめたいという気持ちがあれば、ぜひ治療をすることをお勧めします。
当院では、全てのスタッフがニコチン依存症を理解し、皆様のちょっとした疑問にも耳を傾けながら一緒に日々禁煙を目指しています。