いちかわクリニック

いちかわクリニック

自費診療

SELF MEDICATED

SELF MEDICATED
自費診療

ERECTILE DYSFUNCTION
ED治療

ED治療

  • 実際の診察および処方の流れはこちら
  • 薬の価格についてはこちら
  • EDは大きく3つに分類されます
  • EDの原因となるリスクには何があるの?
  • 治療には何がある?
  • 薬の飲み合わせで注意することは?

診療イメージ

EDとは、「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」とされ、世界的にも特に日本ではその有病率は高く、60歳代では20〜40%と言われています。当院では、日本性機能学会および日本泌尿器科学会によるED診療ガイドラインに基づき、適切な診療を心がけております。

EDは大きく3つに分類されます。

EDはその病因から以下の3つに分類されます。
  1. 1.器質性(organic)
  2. 2.心因性(psychogenic)
  3. 3.混合性(mixed)

実際の診療においては、ほとんどの場合、病院が混在していることが多いです。

EDの原因となるリスクには何があるの?

EDのリスクファクターとしては、以下の12が挙げられます。
EDに対する治療として、その有無を把握し、可能なものは是正をしていくことが望まれます。

1.加齢
シニア
様々な研究から、加齢はEDの最重要リスクファクターと言えます。ある調査によると、日本人は諸外国の人と比べて年齢による性機能の低下が著しく、70歳代では71%が中等度もしくは完全なEDという報告もあります。
2.糖尿病
グラフ
糖尿病の方は、そうでない方に比べ、EDの発生時期も10〜15年早いと言われています。そして、糖尿病の患者さんの35〜90%にEDが発生するとされる報告もあります。糖尿病による血管障害や神経障害などが主にその原因とされており、英国における研究では、男性の糖尿病患者の12〜30%において、EDが糖尿病の初発症状であった報告されているほどです。
3.肥満と運動不足
肥満の男性
日本人においては肥満とEDについてはその関連は認めないものの、海外の文献においては、BMI30以上の重度の肥満は明らかにEDのリスクとなりうることが示されています。そして、運動不足はEDの大きなリスクファクターであり、運動することによりEDの発生を抑制することが示されています。
4.心血管疾患および高血圧
血圧計
高血圧患者さんにおいては、EDを合併する頻度が高いことは世界中の文献で報告されています。そして、さらに高血圧があるとEDは重症化しやすいと考えられています。また、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患とEDは非常に関係が深く、実際に虚血性心疾患の患者さんにはEDの方が非常に多く、日本の研究においてもEDを有する患者さんは、明らかに心臓血管の疾患を発症するリスクが高いとされています。EDの患者さんに虚血性心疾患の有無を判定する運動負荷心電図を行うと、15%が陽性(つまり、虚血性心疾患がある)と判定されるという報告もあり、EDは現在では虚血性心疾患の重要なマーカーになりうると考えられています。
5.喫煙
女性の喫煙
世界中の研究では、喫煙者は非喫煙者に比べて明らかにEDが多いと報告されています。日本の研究では、明らかな差はないものの同様な傾向が認められています。また、喫煙本数の増加とともにEDの罹患率も上昇する、つまり用量反応関係があるということも報告されています。
6.テストステロン低下
テストステロン低下単独でリスクとなりうるとは言われていないものの、一部の性腺機能低下症の方へのテストステロン補充が有効であるという報告があり、こちらは必要であれば内分泌専門医による診断が不可欠と考えます。
7.慢性腎臓病と下部尿路症状
慢性腎臓病患者さんには、EDが多いことが知られており、血流障害や神経障害、貧血など様々な機序が報告されています。さらに、透析患者さんにおいては、60歳以上では90%以上がEDとの報告もあります。
8.神経疾患
血流のみでなく神経も勃起を起こすためには必要であることからも容易に想像できるように、脳卒中やてんかん、パーキンソン病などの神経疾患も高率にEDを起こしうると報告されています。
9.外傷および手術
脊髄損傷や骨盤骨折などの外傷によるEDの罹患率は高く、手術においては特に骨盤内の臓器への手術となる前立腺癌や膀胱癌、直腸癌などの術後にEDが発生することがあり、注意が必要と言われています。
10.心理的および精神疾患的要素
多くの方が経験する心理的なストレスもEDの大きなリスクファクターとされています。また、うつ症状もリスクファクターであり、そのほかには心的外傷後ストレス障害(PTSD)もEDのリスクとなると言われています。
11.薬剤
特に一部の高血圧治療薬や抗うつ薬、痛み止めや解熱剤として用いられるNSAIDsと呼ばれる薬剤もEDを起こす可能性がるとされており、可能であれば変更等にて改善することも見込まれます。
12.睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群はEDの明らかなリスクファクターとされており、CPAPなどの適切な治療を行うことによりEDも改善するとされています。

治療には何がある?

バイアグラ

EDに対する治療の第一選択は薬物治療です。
現在では、下記に示す3つの薬剤が日本では使用であり、これらの薬は十分な有効性と安全性がすでに報告されています。

1.シルデナフィル(バイアグラ)
世界初のED治療薬であり、日本でも1993年に発売され、最も有名なED治療薬でもあります。内服後30分から1時間程度で効果を発揮し、様々な研究を統合したものでは、76%もの人で改善が得られたと報告されています。また、安全性についても様々な報告があり、内服することにより、そうでない人に比べて、心筋梗塞の発生や死亡率に差は認められませんでした。食事により吸収や効果発現に遅延が出ると言われています。
2.バルデナフィル(レビトラ)
2004年に日本において2番目に発売されたED治療薬です。内服後30分で効果を発揮するとされています。シルデナフィル同様、安全性も高く、日本の研究においても70%以上の方が改善を得たとの報告があります。高脂肪食を摂取することにより効果が弱くなると言われています。
3.タダラフィル(シアリス)
2007年に日本において3番目に発売されたED治療薬です。内服後30分で効果を発揮し、36時間持続します。36時間という長期におよび効果が持続するという点がこれまでの2剤とは大きく異なるものです。シルデナフィル同様、安全性においても内服する場合としない場合において心筋梗塞などの心血管疾患の発症の割合には差がないことが示されており、改善した割合も報告により差があるものの、41〜81%と比較的良好な結果が得られています。前2剤と異なり、食事の制約は内服に関してはありません。

これらの薬剤は先述のように十分な安全性を示すデータがあり、比較的安心して使える薬剤であると考えられます。しかし、副作用としては下記のものが報告されており、認めた場合は薬剤を中止の上、改善しない場合は医療機関を受診することが必要です。

代表的な副作用
  1. 1.頭痛
  2. 2.ほてり
  3. 3.消化不良
  1. 4.鼻閉
  2. 5.めまい
  3. 6.背部痛(タダラフィルに特徴的とされています)

そのほかにも、突然視野が一部欠損する「非動脈炎性前部虚血性視神経症」や突然耳の聞こえが悪くなる「突発性難聴」や「勃起持続症」などがあり、これらは数が少ないものの重篤な場合もあり、すぐに薬剤の使用を中止し、症状に応じて眼科や耳鼻咽喉科などを受診する必要があります。

薬の飲み合わせで注意することは?

ニトロと呼ばれることもある硝酸薬や不整脈の薬であるアミオダロンは、代表的な併用禁止薬となります。そのほかにも様々な薬が併用に注意が必要な場合があり、受診時に現在内服している薬があるようであれば、主治医に伝えることを忘れてはいけません。

実際の診察および処方の流れ

普段内服している薬がある場合は、必ずその内容がわかるものを持参してください。

1.受付
受付
来院後、受付にて「自由診療希望」とお伝えください。
ED治療を希望する旨はお伝えいただかなくても結構です。
2.診察・処方
診察室
順番となりましたら診察室にて医師より問診票をお渡しします。一度退室いただき、問診票へご記入いただきます。その後、問診と診察を行います。ご自身のご希望と現在の状況から治療に適したお薬を提案させていただき、承諾書へサインをいただき終了となります。診察時に、患部への触診や服を脱ぐことはありません。
3.会計
会計
診察終了後、お薬を処方し、お会計となります。
ED治療薬は一錠から処方が可能です。

薬の価格について

当院では、下記のED治療薬を取り扱っております。
初診料および再診料はかかりません。
診察のみの場合、お薬代のみとなります。

  • バイアグラ(フィルムタイプ)50mg
    一枚900円
  • シアリス 10mg
    一錠1500円
  • シアリス 20mg
    一錠2000円

ANDROGENETIC ALOPECIA
AGA外来

  • 実際の診察および処方の流れはこちら
  • 薬の価格についてはこちら

AGAって何?

AGAイメージ

AGAとは、「男性型脱毛症」のことであり、英語でAndrogenetic Alopeciaと言い、これを略したものです。
男性型脱毛症とは、成人の男性に見られる髪の毛が薄くなる状態のことで、男性ホルモンと遺伝が関与していると言われています。

現在日本では、AGAを気にしている男性は800万人程度いると言われております。
AGAは進行性のものであり、自然治癒をすることはありません。そして、特に若い男性の生活の質(QOL)に対して深刻な影響を及ぼすものなのです。

どのように薄毛になるの?

AGAの髪の毛の抜け方にはパターンがあると言われています。
AGAは、一般的に前頭部である額の生え際と頭頂部のどちらか一方もしくは両方で薄毛が始まって行きます。 では、なぜこのようなパターンとなるのでしょう?
そこには、AGAの原因そのものが関係しているのです。

AGAの原因とは?

AGAイメージ

AGAには男性ホルモンと遺伝が関与しているということは前述しました。
そもそも髪の毛には一定のサイクルがあり、「成長期・退行期・休止期」と言うものがあります。
そして、成長期は通常であれば2~6年あるため、その間に髪の毛は強く太く成長してくれます。
しかし、AGAの人では、この成長期が短くなってしまうのです。
このため、髪の毛は十分な太さや硬さに成長することがなく、引き続き退行期へと向かうため、軟毛が多くなり抜け毛も合わさり薄毛となるわけです。

そして、その成長期を短くする原因が男性ホルモンと遺伝なのです。
男性ホルモンには本来「テストステロン」と呼ばれるものがあります。
思春期から成人になるにつれ体の中で増えて行き、いわゆる「男らしさ」を作って行きます。
しかし、30代に入るとこのテストステロンの分泌は徐々に減って行きます。ここで我々男性は男らしさを保つため、徐々に減少するテストステロンを補うべく、ある一つの方法をとり始めます。
それは、少なくなったテストステロンをさらに強力な男性ホルモン作用のある物質に変換するということです。

具体的には、テストステロンは、5αリダクターゼという酵素により更に強力な男性ホルモン作用を持つジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。
男性ホルモンが少なくなるなら更に強力な作用を持つものそれを変えて全体としての男性らしさを保つ能力を維持しようということでしょう。

しかし、これが髪の毛にとってはマイナスに働くのです。
実は、このDHTは、髪の毛の元となる細胞に作用し、その活動・増殖が抑えられてしまうため、結果として髪の毛の成長期が抑えられてしまい薄毛となってしまうのです。
そして、このDHTの結合する受容体(いわゆる受け皿)は主に頭頂部と額の生え際である前頭部の髪の毛にのみあるのです。
ですからAGAによる薄毛は頭頂部と額の生え際である前頭部に現れるということになるわけです。
このことがAGAにはその進行にパターンがあるという理由です。

また、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変える酵素である5αリダクターゼは、その分泌量には個人差があり、遺伝が強く関与しているということがわかっています。

治療はどうすればいいの?

AGAに対する治療として、当院では下記の治療を行なっております。 通常、下記治療により効果を実感できるまでには個人差はありますが、半年から一年は必要であると言われています。

注意
  • フィナステリドおよびデュタステリドについては、女性や子供の内服および触れることを避ける必要があります。薬の有効成分に触れると皮膚から吸収されてしまい、妊娠している女性では男子胎児の生殖器官等の発達に影響を及ぼす恐れがあります。
  • フィナステリドおよびデュタステリドは、前立腺癌の検査で測定されるPSA値を低下させるため、PSA検査を行う際は、これら薬物を内服中であることを担当医師に伝える必要があります。
  • フィナステリドおよびデュタステリド内服中は献血ができません。
1.フィナステリドの内服
フィナステリドは、2型の5αリダクターゼを阻害することにより効果を発揮する薬物です。
5αリダクターゼには1型と2型がありますが、AGAは2型の5αリダクターゼが主に関与していると言われています。
この2型の5αリダクターゼを阻害することにより、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるのです。 これまでの試験では、1年後には58%の患者さんで改善を認め、40%で維持ができたということが報告されています。進行したのは2%にとどまっており、少なくとも進行を止めることは大いに期待できます。
安全性は非常に高い薬とされており、副作用については、国内の臨床試験において性的欲求の減退が1.1%、勃起機能不全が0.7%に認められたという報告があります。また、フィナステリドは肝臓で代謝される薬物であるため、肝機能障害がある方の内服には十分な注意を払う必要があり、内服後も定期的な肝機能等のチェックが望まれます。
2.デュタステリドの内服
2デュタステリドは、フィナステリドとは異なり、2型だけでなく1型の5αリダクターゼも阻害する作用を持ち合わせています。
AGAは主に2型の5αリダクターゼが関与しているのですが、実際には1型も関与していることがわかっており、さらにデュタステリドは2型の阻害についてもフィナステリドの約3倍の効果があると言われています。 実際、デュタステリドはフィナステリドが苦手とする前頭部のAGAの改善にも効果を示しており、臨床試験においてフィナステリドを上回る発毛効果を示しています。
しかし、効果が大きいことの反面、やはり副作用もフィナステリドを上回る数値が示されており、国際的な共同試験において、性的欲求の減退を3.9%に、勃起機能不全を4.3%に認めたなどフィナステリドを上回る報告がされています。また、デュタステリドはフィナステリドよりも体に残っている時間が長い(血中半減期が約1ヶ月)ことから、副作用出現時に改善までに時間がかかることが予想されます。
また、フィナステリド同様、肝機能障害がある方の内服には十分な注意を払う必要があり、内服後も定期的な肝機能等のチェックが望まれます。
3.ミノキシジルの外用
ミノキシジルは血管の拡張作用や皮膚の線維化を抑える効果がある外用薬です。上記の内服薬と併用することで相乗効果が期待できます。ミノキシジルの外用薬は第一類医薬品であり、薬剤師の情報提供を受けたのちに薬局で購入することとなります。
血管の拡張作用があるため、心臓や血管に持病のある方は外用のみでも血圧低下などの副作用が出る可能性もあり、使用に際しては必ず担当医への相談をする必要があります。
実際の診察および処方の流れ

普段内服している薬がある場合は、必ずその内容がわかるものを持参してください。
持病や内服薬の内容、肝機能異常の程度等によっては内服をお勧めできない場合があります。
最近の健康診断の結果等ある場合は持参をお願いします。

1.受付
受付
来院後、受付にて「AGA治療希望」とお伝えください。
2.診察・処方
診察室
順番となりましたら診察室にて医師より問診票をお渡しします。
一度退室いただき、問診票へご記入いただきます。
その後、問診と診察を行います。
ご自身のご希望と現在の状況から治療に適したお薬を提案させていただきます。
なお、肝機能異常等のチェックが必要な場合は採血をさせていただくことがあります。
3.会計
会計
診察終了後、お薬を処方し、お会計となります。

薬の価格について

当院では、下記の治療薬を取り扱っております。
初診料および再診料はかかりません。
診察のみの場合、お薬代のみとなります。
採血が必要な場合は、別途採血代が必要となります。

  • フィナステリド1mg(ジェネリック) 28錠
    5,000円
  • ザガーロ0.5mg(デュタステリド) 30錠
    8,500円

*いずれも一日一錠の内服となります。