いちかわクリニック

いちかわクリニック

拡張型心筋症………久しぶりに真面目です。

BLOG

BLOG
ブログ

拡張型心筋症………久しぶりに真面目です。


こんにちは。

船橋駅前の内科・循環器(心臓血管)内科・糖尿病内科『いちかわクリニック』院長の市川です。

 


拡張型心筋症ってご存知ですか?

拡張型心筋症とは、心臓の筋肉でできた壁が極端に薄くなり、拡張してポンプの力が低下する病気です。

拡張型心筋症の症状は、どの程度ポンプ機能が低下し、それにより心不全症状がどの程度出るかによります。

ですから、心不全の特徴である息切れやむくみなどが主症状となります。

重度の場合は、日常生活も困難となる場合もあります。

薬剤やアルコール、ウイルス感染などが原因で拡張型心筋症になる場合があり、このほかにも高血圧による心臓の肥大の成れの果てに逆に心臓の壁が薄くなる高血圧性心不全の場合や、虚血性心疾患により心臓の栄養不足が慢性的に起こり、その結果としてなる虚血性心筋症の場合も同様な病態となりうる事があります。

 

検査としては、胸部レントゲン検査にて心臓が大きく写る『心拡大』が認められ、心電図では不整脈などを認めることもあります。

そして、最も重要な検査である心臓超音波検査にて、壁が薄くぺらぺらになり、ポンプ機能が低下し拡大した心臓を見る事ができます心拡大に伴い、僧帽弁閉鎖不全などの弁膜症を合併することもあるため、その点も含めた観察が必要です。

もちろん、虚血性心疾患の有無など他の心臓疾患が合併していないかを含め、心臓カテーテル検査等が必要となる場合もあります。

 

拡張型心筋症に対する治療は、内科的治療が主になります。

ですから、ポンプ機能が低下したことによる心不全に対する治療を行います。

そして特に、拡張型心筋症では、『βブロッカー療法』が重要です。

本来、βブロッカーといわれる薬は、心臓の力を弱める作用があるため、拡張型心筋症のような慢性的に心臓の機能が低下した心不全を抱える方への投与はあり得ないものとされてきました。

しかし、1975年にWaggteinらによってβブロッカーの拡張型心筋症への有用性が最初に報告されて以来、当初はなかなか受け入れられなかったものの、その後徐々に大規模な臨床試験が行われるようになり、1993年のβブロッカーを拡張型心筋症に用いて有用であったとするMDC試験が報告され、その後もUSCP、MERIT-HF、CIBISⅡ、COPER-NICUSなどの様々な試験で重症の心不全に対して心臓の機能の改善や予後の改善効果が報告され、世界的に慢性心不全に対するβブロッカーの有用性が確立しました。

日本においてもMUCHA試験が実施され、その有用性が認められたため保険適応となり、今では拡張型心筋症をはじめとした慢性心不全に対してβブロッカー療法は不可欠な治療となっています。

 

ちょっと今回は真面目な話になってしまいました、、、反省です。

初診ネット受付はこちら